« 津久井環境連絡会 | トップページ | 長野県泰阜(やすおか)村を訪問 »

会派は「無所属クラブ」に所属

5月1日、議員総会が開かれ、52名の市議の自己紹介と事務局からの事務や議会運営などの説明を受けた。

この日は、会派決定の期限でもあった。事務局会議でもいろいろ議論し、最終的に「無所属クラブ」に所属することにした。この会派は5人(長友義樹氏・西村綾子氏・東條恵美子氏・栗原大氏と野元)で、政党色、会派拘束はなく、議案に対し各自の判断ができる。また、必要なときには、同一歩調で臨むこともあり。ベテラン議員(6期、4期)から市政、市議会の仕組みや情報の取り方など多くのことを学びたいと思う。

さっそく、委員会や政務調査費、議会日程などを教えていただいた。5月17日の臨時議会までに、常任委員会や各種委員会などの委員が、会派交渉で決められていくそうだ。一般質問は、制限時間が短く(1人あたり10分とか。藤野町議会では60分だった。)、回数制限もあるという。また代表質問制など、町議会とは異なる制度の中で、今できることを最大限行いつつ、市民により開かれた議会にするために、議会改革に取り組みたい。

「さがみはら市議会だより」は、一般質問ですら議員名が掲載されず、会派名のみ。どの議員がどんな意見を述べているか、市民には知らせるべきだと思う。(2007/05/01)

*ブログ接続の不具合があり、1週間ほど更新ができませんでした。さかのぼって記事を追加しています。

|

« 津久井環境連絡会 | トップページ | 長野県泰阜(やすおか)村を訪問 »