« 民間児童クラブ「かわせみ」新拠点が完成! | トップページ | 創作土人形のおひなさま »

住民投票を求める署名活動

Pb171054small_2 11月17日朝、相模湖駅頭で、「政令市を考える相模原市民の会」の活動として、住民投票条例制定を求める署名活動への協力を呼びかけた。藤野駅では、13日に行った。

相模原市は、2010年(平成22年)4月の政令市移行をめざしているが、住民生活はどのように変わるのかなど、具体的な説明はない。県との協議では、市としては想定外の大きな借金(県債償還金)の負担を求められている。また、県から移譲される国、県道の維持管理や児童相談所、精神保健福祉センターの運営に携わる専門職員の確保についても、大きな不安が残る。

政令市移行準備に疑問を抱いた有志が集まって立ち上げたのが、「政令市を考える相模原市民の会」。そして、「政令市移行のような重大な事柄については、住民投票を行って、市民の意志を確認して進めてほしい」という思いから、直接請求による住民投票条例の制定をめざして、署名活動を始めた。今回の署名は住民投票という市民の意志を表す機会を作ってほしいというものなので、政令市に賛成でも反対でも、まだよくわからない人も署名してもらうことができる。

ただし、地方自治法に基づく署名活動のため、いくつかの条件がある。

まず、署名期間は一ヶ月間(11月7日~12月7日)。署名を集められる人(受任者)は、会の代表から委任を受けた市内の有権者に限られ、署名できる人も市内の有権者のみ。署名は自署でないと無効。家族分の代理署名はできない。市内有権者の五十分の一、約1万2千人の署名が必要となる。

私も受任者の1人。市民参加のまちづくりをめざして、みなさんとがんばっています。相模原市史上初の直接請求を成功させるためにも、あなたも受任者になって、署名活動の輪に加わってください!待っています!

お問い合わせは、TEL&FAX 042-687-5119まで。

*署名数の最新情報などは、こちらをご覧ください。(追記:11月27日時点で、目標数を超える約14700筆の署名が集まっています。)

Pb171051small_2

|

« 民間児童クラブ「かわせみ」新拠点が完成! | トップページ | 創作土人形のおひなさま »