« 南都留森林組合を訪問 | トップページ | めざせ!Jリーグ S.C.相模原  »

ぐるっと陶器市

5月22日・23日、第11回「藤野ぐるっと陶器市」が開催された。藤野地区には多くの芸術家がいらっしゃるが、いろんなタイプの陶芸が楽しめるのが、この陶器市。作家の工房を訪ねて、ご本人と話をしながら、鑑賞したり、購入したりできる。点在する工房P5221960smallをめぐるには、車は必須。エコとはいえないが、歩いていたらとてもとても見て回れない。2日間の時間がたっぷり必要。私はいろいろとスケジュールが重なり、短い時間しか取れなかったので、3か所しか回れなかった。ウ~ン、残念!

最初の写真は、澤井・栃谷にある柴代さんの工房。若い作家さんで、この土地に住んで、栃谷の土にこだわって作陶している。でも、もうすぐここを離れて、沖縄に引っ越すとのこと。土がなくなって来たそうな。お別れはさびしいが、仕方がない。沖縄で良い土にめぐりあって、納得のいく陶器が焼けることいいですね。奥さんとたいちゃんも、元気でね。

2つめの写真は、中村藤平さんの作品。茶器の作陶家だが、近年はユーP5221961smallモラスであたたかみのある、それでいて落ち着きも感じさせる陶器を発表されている。彫金作家・中里エロスさんとのコラボレーションもあって、毎年工房を訪ねるのが楽しみ。今年は、リヒテンシュタインで開いた作品展に出品した作品も飾られていた。真ん中の作品は、ドンキホーテをイメージしたものだそうだ。

作家さん本人と話をしながら、陶芸を楽しむことができ、お腹がすけば、これまた、いろんなおいしいものを食べられる、「藤野ぐるっと陶器市」。まだいらしたことのない方は、ぜひ来年の陶器市に!(2010/5/22)

|

« 南都留森林組合を訪問 | トップページ | めざせ!Jリーグ S.C.相模原  »