« のもとよしみ通信NO.27 配布終了 | トップページ | 映画「ホピの予言」のお知らせ »

9月議会 代表質問のお知らせ

6月議会では、2年半ぶりに一般質問を行いました。
そして、9月議会では、代表質問を行います。

9月議会は、決算議会。
24年度を振り返り、予算や目標に対し、市政運営が適切に行われたかチェックします。

24年度は加山市政となって6年め。
政令市になって3年めです。

残念ながら財政上は、悪化の一途です。
決算から見る事業内容は、まさに「人からコンクリートへ」。
そして、国への依存が高まっています。

時代に逆行するこの市政運営を市長はどう総括し、これからのまちづくりをどのように
進めていくのか、それを明らかにしたいと思っています。

質問は、9月3日(火)。
4番めの登壇ですので、午後になります。
ご都合がつくようでしたら、ぜひ議場へ傍聴にいらしてください。
インターネットでも生中継されます。
録画もアップされますので、こちらもご覧いただければ幸いです。

質問の内容は、以下の通りです。


平成25年度9月議会 代表質問   颯爽の会 野元 好美

1 議案第67号 平成24年度相模原市一般会計歳入歳出決算

(1)24年度施政方針演説の総括
 ア)「地方分権改革の推進」について
 イ)「災害に強いまちづくり」について
 ウ)「将来を見据えたまちづくり」について

(2)財政の健全化と情報公開について
 ア)悪化する指標をどう捉えているか
 イ)資産の大幅な減少の理由は
 ウ)新公会計制度にもとづく市民にわかりやすい事業別財務諸表づくりを

(3)歳入について
 ア)市税について
 イ)市債発行抑制の目標と考え方について 

(4)歳出について
 ア)伸び続ける普通建設事業費について
 イ)減り続ける農林水産業費について
 ウ)伸び続ける扶助費について
 エ)教育予算の削減について

2 議案第82号 相模原市指定障害者福祉サービスの事業等の人員、設備及び運営に   関する基準を定める条例及び相模原市指定通所支援の事業等の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例について

(1)本条例改正の背景にある法改正の趣旨と内容、今後の予定
(2)指定小規模多機能型居宅介護事業所の実態と課題について
(3)児童発達支援事業所となるために必要な条件と課題、期待される効果
(4)周知方法と庁内連携について

3 議案第84号 相模原市市営住宅条例の一部を改正する条例について
(1)県と市の役割分担、連携については。
(2)最近の傾向と需要の見込み
(3)市営住宅廃止後の土地の活用について
(4)市営住宅の今後の整備計画と供給の考え方は

4 来年度予算編成と中期実施計画の策定にあたって
(1)市税収入と扶助費の予測と消費税導入の影響について
(2)子育て環境の充実について
(3)土木行政のあり方について
 ア)市道の維持管理予算について
 イ)水脈整備の重要性と緊急性について
(4)職員の創造性が発揮される職場環境を

6リニア中央新幹線の工事に伴う課題について
(1)水枯れについて
 ア)実験線および延長工事による水枯れの実態と補償について
 イ)事前調査と水枯れ防止の対策について
 ウ)市民の暮らしを守るための市の取り組みについて
(2)残土処分について
 ア)発生土の量と残土処分にともなう課題について
 イ)市条例や諸計画との関係について
 ウ)県民の水がめを保全し、市民の暮らしを守るには

|

« のもとよしみ通信NO.27 配布終了 | トップページ | 映画「ホピの予言」のお知らせ »