« 新春のつどい延期のお知らせ | トップページ | 雪害による、り災証明の発行について »

リニア新幹線の環境影響評価準備書に対する市長意見

リニア新幹線に関する情報です。
きのう(2月18日)、JR東海が公表した環境影響評価準備書について、相模原市長から県に意見を提出しました。

説明会や公聴会などでの市民意見を参考に、環境、土木などの各課の意見を集約したものです。
http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/dbps_data/_material_/_files/000/000/028/134/chuo_shinkansen_iken.pdf

水枯れや残土処分、磁界の影響、騒音、生態系への影響、景観など、さまざまな観点から意見が書かれています。
今後のスケジュールとしては、各市町から出された意見を参考に、県の環境影響評価審査会が開かれて答申書を作成し、知事はその答申書をふまえた意見をJR東海に提出します。

JR東海は、7都県の知事意見書をふまえて、環境影響評価書を国へ提出。国の事業許可の...判断が下されます。

市長意見は、市民のみなさんの懸念が、網羅された内容になっていると思うのですが、果たしてこの意見がどこまで受け止められていくのか。
そこが問題ですね。

|

« 新春のつどい延期のお知らせ | トップページ | 雪害による、り災証明の発行について »