« 9月議会の日程 | トップページ | 9月議会で代表質問をします(9月3日) »

9月議会:施設使用料見直しの議案

9月は決算議会。
26年度の事業の進捗状況や予算の使い方などを審議します。
リーマンショック以降、市税は少しずつ増えていますが、まだまだ回復するまでにはいたっていません。
(H19年度:1154億円 H26年度:1118億円)

一方、市債(借金)は、増え続けるばかり。
(H19 年度末残高:1878億円 H26年度末残高:2610億円)

高齢者や生活保護受給者の増加により、扶助費も伸び続けており、厳しい財政状況を受けて、さまざまな取り組みが進んでいます。

今回、施設の使用料や手数料の見直しの議案が提出されました。ほとんどが値上げ。市民の火葬は無料だった市営斎場も有料に。

施設を利用する市民と利用しない市民との公平性などの視点からの見直し(受益者負担)という提案ですが、市は広域交流拠点(相模原駅、橋本駅周辺)都市をめざしたインフラ整備や国際コンベンションホール、美術館の建設など、大規模事業を計画中。また、職員の不祥事も相次いでいます。

市民に負担をお願いする前に、明らかにすること、やるべきことがある!
本会議と委員会でしっかりと議論していきたいと思います。(2015/08/20)

相模原市ホームページ「施設使用料、手数料等に係る費用(コスト)の公表について」の記事です。

|

« 9月議会の日程 | トップページ | 9月議会で代表質問をします(9月3日) »