« 研修会報告「これからの防災・危機管理」 | トップページ | 新春のつどい「違いを認めることから豊かな社会は生まれる」 »

「健康都市」・大和市視察

「健康都市」を掲げて、取り組む大和市。

その取り組みを象徴する複合施設「シリウス」は、オープンから2ヶ月で利用者が50万人を突破したとのこと。

先日、大木市長と直接お話をする機会があり、健康都市づくりへの思いや実際の取り組みを伺い、ますます興味を抱き、視察へ。

気づきと学びを促す、うらやましすぎる環境が、そこにはあった。

これまでの取り組みの成果は、成人病の予防や合計特殊出生率の上昇など、具体的な数値に表れているが、今後は、市民の主体的な取り組みが進むだろう。

心とからだの健康。
医療費、介護費の抑制。
成熟した社会における真の豊かさ。
イノベーション。
次世代の育成。
公共の果たすべき役割…。

相模原市で、どう取り組んでいくか、
考えを巡らせながらの視察となった。(2017/01/28)

Yamato_2_3

Yamato_1_2

Yamato_3_2
















|

« 研修会報告「これからの防災・危機管理」 | トップページ | 新春のつどい「違いを認めることから豊かな社会は生まれる」 »