« 神奈川県のニホンザル管理計画 | トップページ | 6月議会 一般質問の録画 »

平成29年6月議会 一般質問のお知らせ

6月議会で一般質問をおこないます。
登壇は、6月27日(火)、5番目ですので、午後になります。

29年度の予算は、いつになく厳しい内容でしたが、先日、市営住宅の空き家状況を調べていて、応募しない(できない)空き家が数多くあり、その理由が修繕費が足りないためということを発見!

一方で、美術館2館構想を掲げたり、JR横浜線の立体交差化事業を推進したり。明らかにバランスを欠いている市政運営だと言わざるを得ません。

自治体の会計の方法が変わることを受け(現金主義・単式主義から発生主義・複式簿記へ)、市が保有する資産と負債をわかりやすく市民に公表し、新たな事業を行うときには、計画の段階で、将来負担も合わせて市民に示すことを求めます。

通告の内容は、以下の通りです。ご意見などお寄せいただければ、幸いです。
また、お時間がありましたら、傍聴にいらしてください。

市のホームページで、インターネット中継でご覧いただくこともできます。

相模原市議会 インターネット中継

-------------- 
       
のもとよしみの一般質問  6月27日(火) 5番目

1)市営住宅の現状と課題、これからのあり方について
(1)市営上九沢団地の現状と今後のあり方について
  ア)第4工区凍結の理由と建設途中で放置されていることについて
  イ)これまでの事業の検証と現状の課題認識について
  ウ)今後のあり方については
  エ)第4工区については、市長の英断を
(2)市営住宅の公募について
  ア)空き家の実態と公募状況について
  イ)これからの修繕の考え方と財源の確保について
(3)次期住宅基本計画策定に向けて
  ア)スケジュールと基本的な考え方について

2)新たな地方公会計制度の導入と将来負担を考慮した財政運営について
(1)28年度決算については
  ア)何が変わり、何が可能になるのか
  イ)固定資産台帳の公表と職員のコスト意識について
(2)財務諸表等を活用し、将来負担を考慮した財政運営にするために
  ア)施設版マイナンバーの導入について
  イ)公共施設マネジメントに係る財源の確保について
  ウ)新規事業の計画時におけるライフサイクルコスト等の公表について

3)未来を拓く公民館のあり方を求めて ~公民館は無料の原則の堅持を~
(1)格差社会の広がりと行政の果たす役割について
  ア)市民を分断することなく、公民館をすべての市民に開かれた場所として保証することについて
(2)公民館が果たしてきた役割と現在の利用状況について
(3)社会教育施設として充実させるために

|

« 神奈川県のニホンザル管理計画 | トップページ | 6月議会 一般質問の録画 »