« 平成29年9月議会 一般質問のお知らせ | トップページ | 秋の地域イベントに参加 »

9月議会を終えて

建設委員会と私の一般質問は終わり、9月議会もあと2日。

建設委員会(9/11)で、28年度決算を審議するまでに、提出を求めても出してくれなかった調査報告書(28年度に実施)が、手元に来ましたが、肝心なところは真っ黒クロスケ。

財政見通し(平成30~41年度)も、都市建設局の大規模事業財政推計(51年度まで)も、公表してほしいところは、真っ黒クロスケ。

小金井市は、28年度~37年度までの財政推計と庁舎建設などの事業費、市債残高などを推計して公表しています。
予算の編成過程なども、市民に公表している自治体も増えてきていますが、相模原市は「未成熟な数値で、無用の混乱を招く」から、公表しないとのこと。

財政が厳しくなればなるほど、市民に公表して理解を求め、事業の見直しなどを進めていくべきだと思うのですが。

将来の財政推計が、制度が変わったり、経済情勢が変わって変化するのは、当然のこと。なぜ、そのズレを恐れるのか。
しっかり説明責任を果たせば、それでいいはず。ミスではないのですから。

「無用の混乱を招くような推計」ってこと?!(2017/9/27)

20179_1

 

|

« 平成29年9月議会 一般質問のお知らせ | トップページ | 秋の地域イベントに参加 »