« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

姫路市視察~浸水対策

建設委員会の視察2日目、10月13日、姫路市の視察は、浸水対策について。
市役所で説明を受けた後、大手前通りの工事の進捗状況を徒歩で確認しながら、姫路城へ移動。世界文化遺産である姫路城も案内していただきました。

印象に残ったのは、職員のがんばり。

たびたび浸水被害に遭い、浸水対策について、県と地元住民と市で協議会を作って話し合いを進めていたところ、国の進める重点事業への申請を決定。河川対策と雨水対策に総合的に取り組むことや県と市の調整、行政と地元住民との協議、国が求める地域の特色を活かした対策づくりなど、さまざまな条件をクリアして、採択に。

説明の要点をまとめると・・・・

◇八香川(やかがわ)流域の浸水対策について
この辺りは、降水量が多い気候ではない。しかし、近年はゲリラ豪雨などによる浸水被害がたびたび発生しているとのこと。特に八家川流域は、河川整備が進んでいない上に、高潮の影響もあり、浸水被害が度々発生し、かねてより地域から浸水対策への強い要望が出されていた。

地元から県に対しては、10~20年ほど前から要望が出され、2級河川八家川の対策をどうするかについて、定期的な懇談会が持たれていたという。兵庫県では、24年度に総合治水条例を制定。「流す、ためる、備える」を掲げている。

姫路市は、平成25年度から下水道雨水計画の見直しに取り組み、5年確立降雨(42.8mm/h)から、10年確立降雨(49.5mm/h)に引き上げた。しかしながら、対策には、莫大な事業費と相当な期間を要する。27年9月に、県からの呼びかけで、地域住民と県との話し合いの場に市も参加し、「八家川流域浸水対策協議会」を設置。それぞれが実施する取り組みの検討が始まった。

その協議会で、国交省の防災・安全交付金重点配分対象事業である「100mm/h安心プラン」の活用を決定。全国で19件目、近畿地方整備局管内では初めての登録となり、ハード、ソフト対策を進めているところである。

総事業費は約70億円(県16億円、市54億円)。事業期間は29年度から38年度までの10年間で、県は調整池を新設、市は公園の地下に雨水貯留施設を新設し、雨水ポンプ場2か所で各5台を設置する計画となっている。既存の農業用ため池や水田を活用した雨水貯留や雨水浸透ますの設置も進めていく。また、ソフト対策として、内水ハザードマップを作成し、住民に配布。ため池パトロールや緊急放送として情報発信も行っていく。

私が質問したことは、以下の3点。

〇国との交渉で苦労したこと
地域の特色を活かした取り組みにすることだそうだ。考えに考え、ため池を活用すること(全国19万か所のうち、兵庫県に38000か所もある)を思いつき、提案。無事に採択された。

〇地域住民との事業の優先順位についての合意形成
事業費の大きなものを申請したい市と緊急性や自分の地域の対策を訴える市民との間で、やはり説得が必要だったそうだ。国庫を活用することで浮く財源で、他地域の対策を行うと説明し、理解を得ていったとのこと。

〇増えた事業への対応
職員は増やせず、専門的な技術も必要なものがあることから、雨水ポンプ場と幹線道路の下の貯留管敷設などは、下水道事業団に委託して実施しているとのこと。

どの自治体も職員定数は増やせません。財源確保も厳しい状況です。市民の生命や財産をまもるために必要な事業を進めるためには、知恵を絞るしかありません。

願わくは、相模原市も、職員と市民とが同じ目標に向かって、協働していける環境をととのえたいものです。(2017/10/19)

_1_2_2_2

_3_2_4_2

|

西宮市視察~連続立体交差事業と駅周辺整備

建設委員会の視察報告です。10月12日は、西宮市へ。 連続立体交差事業と駅周辺整備について。

市役所で説明を聞いた後、電車で移動して鳴海駅、甲子園駅を案内していただきました。

〈阪神本線連続立体交差事業について〉
甲子園駅~武庫川間の高架化。
区間は、1.87㎞。
踏切は6か所、立体交差される道路は9か所。
事業主体は、兵庫県。西宮市と阪神電気鉄道株式会社の三者で施行中。

総事業費は約296億円。(鉄道事業者約10%、残りの90%を国が1/2、県1/3、市1/6)。
事業期間は平成15年度~30年度。

経緯
この事業は、昭和56年に請願が採択したことに始まる。都市計画決定は、平成15年3月7日。9月に事業認可されてから、用地買収を開始し、約5年で完了。工事は20年度から始まり、28年度に高架切り替えが終了。30年度中には、道路工事なども終わるとのこと。請願採択から実に38年、用地取得に約5年、工事に11年を要している。

相模原市との主な違いは4つ。
1)事業の必要性
1日当たり10時間、ピーク時には、1時間に約42分が踏切で遮 断され、交通渋滞が慢性化していたとのこと。踏み切り解消の必要性が極めて高い。

2)区間の長さ
甲子園駅~武庫川間区間は、1.87㎞。本市のJR横浜線立体交差化事業は、3.7㎞。本市の半分しかない。それでも、都市計画決定後、16年を要している。区間が長くなればなるほど、用地買収や工事に時間が必要になり、工事費も嵩むことになる。

3)国庫の確保
復興事業に位置付けられたことで、確実に国庫がくる。事業の進捗に大きく影響する。

4)地方負担の割合の違い
西宮市は1/6で、全体事業費の15%ですむが、本市は政令市のため、県の負担はなく45%になる。この違いは大きい。

連続立体交差は、高架化、地下化によらず、膨大な事業費と月日を要する。開かずの踏切で、緊急度が高かった阪神本線の立体交差化ですら、復興事業の位置づけがなかったら、これだけの工期で事業は進捗していなかっただろうとのこと。

本市の場合、踏み切り改善の緊急性はここまで高くないし、事業計画区間は3.7㎞と長い。課題となっている踏切の解消にとどめるのが、現実的ではないかとと思います。少なくとも、連続立体交差化は、ストップすべきと改めて感じました。

〈甲子園駅周辺整備事業について〉

目的は、駅から甲子園球場に至る動線における、交通結節機能の向上や安全で賑わいとうるおいのある空間の創出。鉄道駅総合改善事業により、駅整備と周辺整備が効果的に進められていました。

鉄道駅総合改善事業は、総事業費54億円(負担割合は、国20%、県と市で20%、鉄道事業者60%)。阪神電鉄が駅舎改良工事を行いました。

甲子園球場に続くゲートは、阪神のユニフォームを連想させる白と黒の縦じまに黄色の矢印。構内の天井は、球場をイメージさせる四角いテント型。見上げると、遊び心で野球ボールが一つ混じっています。試合があると、乗降客であふれて危険だったホームが広く改善され、バリアフリー化も進んだことが良くわかりました。

駅周辺整備事業としては、鉄道事業者側は、広場の整備、バスターミナル上屋と舗装の改築を、自治体側は、広場西側道路の無電柱化、高架化道路の美装化、県道の改良を実施。

事業期間は、28年度から31年度の4年間で、社会資本総合交付金の都市再生整備計画事業として(国1/15、市6/15、鉄道事業者5/15)、補助採択されているとのことです。

高架の下は、自転車の駐輪場として活用。まもなく供用が開始です。広場の活用のあり方などは、今後も注目していきたいと思います。(2017/10/18)

_1_2

_3_4

|

衆議院選挙に想う~小選挙区制度の弊害

「衆議院議員選挙、自公で2/3の議席を得そうな勢い」との報道がありました。

どの政党を、どの候補者を支持するか、私も今回は悩みました。でも、「独裁政治はNo !」と言うためには、自民党の候補者を勝たせないことしかない。

だから私は、小選挙区は後藤祐一さん、比例は立憲民主に投票します。

今の小選挙区制度は、多様な意見を反映できない制度です。望む方向性を作っていくには、選挙制度に欠陥があることを踏まえて行動しないと、結果的に、1番望まない結果になってしまいます。

2012年11月、野田首相が衆院を解散した折、河野洋平氏の記事が朝日新聞に掲載されました(11月30日夕刊)。1994年、自民党総裁として、細川政権と合意し、小選挙区制を導入。 「現実には政治の劣化を進めてしまった。明らかに私たちの失敗だった」と。

「当時、金権腐敗による政治不信が頂点に達していた。『政治改革とは選挙制度改革だ』という声が満ちていて、逆らえば、自民党が壊れかねない状態だった」

「今から思えば、選挙制度改革には、革新政党を選択肢から外す思惑もあった」

「見直す時期に来ている。もとの中選挙区制に戻さなくても、1区3人制など方法は色々ある」

「日本には急激な変化を望まない国民性がある。保革対立の時代は保守の唯一の受け皿が自民党で、党内には右から左まで幅広い人がいた。今は、民主もみんなの党も保守的な主張を掲げる中で、自民党は特徴を出そうと自ら右へ右へと移った。穏健な支持層を置き去りにしてしまった」

「政権交代には意味がなかったとは思わない。産みの苦しみは今も続いている。~有権者が冷静な目で政治を見つめ続ければ、政治の状況が好転する日が来ると私は信じている」とも。

政権の不支持率が、46.3%と支持率42.5%を上回っているにもかかわらず(FNNが10月15日までの2日間行った調査)、議席数は2/3を上回る勢いという現実。

私たち有権者は、冷静に状況を見極め、与えられた1票を大切に行使すべきではないでしょうか。
みなさん、あきらめず、棄権することなく、ぜひ意思表示をしてください!(2017/10/17)

|

葉山島の在来落花生の収穫祭

「第11回 葉山島の在来落花生の収穫祭」

混雑を避けて、お昼ごろに行きましたが、収穫させていただけました。バケツにいっぱいで、500円なり。

里山の秋の風景。こどもたちの笑顔。安心で美味しい食べ物。

心地よい風に吹かれながら、こんな景色や人の営みを守っていきたいと強く想いました。

今、自分がすべきことは何か。 大人の果たすべき責任は何か。しっかりと見極め、行動していきたいと思います。(2017/10/2)

2017102_22017102_1

2017102_3






|

秋の地域イベントに参加

9月24日は、議会の質問の準備をしながら、イベントに参加。

「藤野北小学校の運動会」

全校児童34名の、極小規模校。地域のみなさんがあたたかく見守る中、1年生のひとりひとりが、今日の目標を披露し、 開会を宣言します。 学校と地域でつくる運動会です。

「健康フェスタふじの」
  自治会対抗の屋内運動会。笑いあり、必死の形相あり。優勝争いは、真剣そのもので、大いに盛り上がります。

「ほのぼの100人運動会」
桂北小学校の体育館で開催。障害のある当事者のみなさんが中心になって、運営されます。ボランティアのみなさんも、地域住民のみなさんも、いっしょに楽しみます。あったかい雰囲気が、何とも心地良く、 毎年楽しみにしています。 今年は、小学生ボランティアの姿も。

「『遙かな友に』道志川合唱祭」
歴史あるこの合唱祭。山並みが美しい中、歌声が響きます。

昭和26年、早稲田大学の男声合唱団グリークラブを指導していた磯部俶(とし)さんが、青根の道志川にある夫婦園キャンプ場で合宿中に作詞・作曲した曲のが、『遙かな友に』。
歌碑建立を機に、平成4年から合唱祭が開催されています。

合唱の合間に、地域の方々から、「青根小、青根中の統廃合が検討されている。何とか残せる道はないか。」との声が。

思い出すのは、藤野町での小学校統廃合の体験。「子どもたちにとって、地域にとって、より良い道は何か。」 保護者も、地域も、町職員も、みんなが真剣に考え、議論を交わしました。

こどもたちは「地域の宝」であり、「社会の宝」です。良い環境で、育ててあげたい。その思いは、誰も同じはず。どんな方向性を選択するにしても、丁寧な積み上げが何よりも大事です!

教育環境の整備と地域振興策と。過疎化が進む地域の課題をともに考えていきたいと思います。(2017/10/2)

2017924_2_22017924





2017924_3_2






|

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »