« 2018年2月 | トップページ

リニア大鹿村の話を聞く会に参加

昨夜は、リニア中央新幹線 南アルプストンネル工事が行われている長野県大鹿村の前島久美さんのお話を聞く会に参加。

最初に、ドキュメンタリー「残像~リニア新幹線と山の記憶」を見せていただきました。

豊かな自然とその自然とともに生きる人々。伝統を受け継ぎ、ともに暮らす姿。それはそれは、美しい風景でした。ところが、その山里を一変してしまう、リニア計画が襲いかかります。

10年間に渡る工事。東京ドーム2.4杯分の残土が出て、ピーク時には、1日に1736台もの車両が通行。仮置き場を作って減らしても、1350台との説明が。

水涸れも深刻で、JR東海の調べでも、渇水期には86%が涸れてしまうといいます。美しい滝も、希少な生物も、どうなってしまうのか。

もちろん、生活用水や田畑にも大きな影響が出てしまいます。

谷に響き渡る騒音に振動。静かな村の生活は、脅かされます。

非常口は4カ所。前島さんは、「村人にとって、赤石岳はご神体のようなものであり、そこに穴が開けられるのは、精神性が壊されるのと同じ」とおっしゃったのが、胸に刺さりました。

長野県と飯田市が地域振興を期待して推進するリニア計画。
JR東海の民間事業とは言え、国が認可し、3兆円の財政投融資を約束して、推進する国家的プロジェクト。

小さな山あいの村では、多くの村人が他の場所を通過してくれたらと願いつつも、反対と賛成、不安に揺れます。

議会は、非公開で行われ、JR東海と協定を結ぶことに賛成4、反対3で同意。

リニア工事により、崩落事故や自然破壊、生活への影響が様々に起こっています。

今の環境影響評価は、経済優先で工事を推し進めるためのもの。地球温暖化によるゲリラ豪雨で起きている土砂災害は、コンクリート構造物が、被害を拡大する要因にもなっています。
生物多様性の観点からも、人々の暮らしへの影響という観点からも、抜本的に見直す必要があります。

全国で定住率トップの大鹿村。こんなにも理不尽なことがあっていいのでしょうか。

強い憤りと人々のひたむきな姿勢への敬意と。

自分にできることを、ともに!(2018/3/25)

29542734_2004927026387908_268273862
29570357_2004927006387910_207468384
29573080_2004927066387904_693014904



|

セミナー「働き方改革の処方箋」に参加

都内でセミナーに参加。
テーマは、「働き方改革の処方箋ー人手不足対策から人材(財)戦略への転換」

10時から17時まででしたが、あっという間に終わった感じが。

なぜかと言えば、どの講師のお話も、まさに「相模原市が抱えている課題」の処方箋のようだったから。

公務員の非正規化問題。ジェネラリスト重視の人事制度が招いた人財不足。

芦屋市の市民を「生活者」と捉えた地域福祉には、「その通り!」と心で叫んでいました。
ウチでは、職員に要請しても、暖簾に腕押し状態なのに、見事に実践している自治体があるなんて。

制度の狭間や担当課がわからない場合は、地域福祉課に設置された「トータルサポート係」が一手に引き受ける。「お困りのことはないですか?」

相談窓口のワンストップ化では、解決できない。ただあそこの課に行ってくださいと紹介されて終わってしまうから。

芦屋市は、役所全体が窓口で、問題に個々に対応するのではなく、庁内の連携を進めるツールを活用して、生活の困りごとを一体的に解決していく。まさに生活者目線の対応!

残念ながら、相模原市では、相談に行っても、たらい回しで疲れてしまった、という声をよく聞きます。

秦野市の地域交通網の構築、藤枝市の「スペシャル・ジェネラリスト」の育成、豊島区の新庁舎移転をきっかけに実施したペーパーレス化とモバイルワーク、働き方改革、浦安市の税業務のBPO(包括委託)の取り組み。

AI(人工知能)とRPA(ロボットによる業務自動化)の導入についても興味深い話が。

ご自身の体験や自治体の取り組みを話す講師のみなさんの、公務員としてのやりがいを強く感じている姿が眩しく感じました。

相模原市の働き方改革。道のりは長くても、「市民の役に立つ所」にするために、がんばろう!

2018317

|

« 2018年2月 | トップページ